ライフ 買取相場

ライフの買取相場がここで分かります



実際の買取価格は無料査定などで見てもらわないと分かりませんが、
大体の相場はこちらでわかります。
相場を知った上で無料査定を受ければ、少しでも高額で買い取ってもらえた!と、納得できるのではないでしょうか?
→買取相場についてはこちらから

しかし!!ここが要注意ポイントです!!!

買取り業者には必ず、それぞれに得意不得意とするメーカーや車種が存在します。

・国内、あるいは海外向けの販売にのみ特化した業者
・ドレスアップ車への買取を強化している業者
・セダンやバンは他店より高額をだしてでも買い取りたい業者

その他に、買取り時期や業者動向によって、驚くほど買取額に差がでてくることも。50万や80万アップなんてことも珍しくありません。

もちろん、大手業者の中では自社での買取・販売や海外への展開にも力を入れていることが多いです。そのため、より高い提示額が可能となってくるのです。

つまり、ただ単にガリバーが高い!T-UPが高い!という話ではなく、
その時期や車種よって大きな差がでてくることが、車査定の常識と言えるでしょう。

では、高く売る方法とは?




・かんたん車査定ガイド
・カーセンサー
・carview
・楽天オート


以上4つの査定サイトは、高値がでるサイト、あるいは利用価値のあるサイトと考えて良いでしょう。

そして最大のポイントはここです。
より高い買取額を引き出すためには、複数の一括査定サイトを利用しましょう。


例えば、楽天オートに登録している買取業者は、他にどの競合業者が同じ楽天オートに登録しているかを知っています。

ライフの場合でも、「楽天オートの中だったら、うちの店が一番高額をつけている!」ということを業者も知っているので、
楽天オートの中に競合はいない=これ以上高値をつける必要はない
となるため、わざわざ買取額をこれ以上高くしようとはしないのです。

そこへ、他の一括査定サイト(例えば、かんたん車査定ガイドやカーセンサーなど)の中から高値をだす業者がでてくると、初めて価格競争が起こり、あなたのライフにより高い買取値がつく、という仕組みが生まれます。

確かに入力の手間はかかってしまいます。
しかし、1つの査定サイトからだけでなく、最低でも2サイト(例:楽天オートとcarviewなど)から見積りをとりたいところです。

1つの査定サイトからは、最大で8業者からの査定が受けられますが、もちろんその中から1、2業者のみを選択することも可能です。

先の説明の通り、業者によって得意不得意のメーカー・車種も違ってきますから、
複数の査定サイトから5社以上を選ぶことが、高値買取額を勝ち取る秘訣とも言えるでしょう。

何とか1,000円〜5,000円でも高価買取額をつけたい!という方には、
以下の4つの一括査定サイト全てから見積りをとるのがベストな方法です。
無料なのですから、使わない手はありませんよね!!

かんたん車査定ガイド

こちらは唯一、人気買取業者のガリバーが入っている一括査定サイトなので、非常に高値がつきやすいと言えます。(2012年4月よりガリバーは他の一括査定サイトの利用をしていません)
高値買取額希望の場合は絶対に押さえておきたいサイトですね。
運営企業のエイチームは2012年4月、マザーズに上場した伸び盛りの会社で、一括見積りのテレビ・ラジオCMも頻繁行っています。
今、注目の人気上昇サイトです。

カーセンサー

カーセンサーは中古車情報誌としての歴史も長く、大手企業のリクルートが運営するサイトということもあり、非常にユーザー指示の高いサイトです。
最近は中古車の販売だけでなく買取にも力を入れていることから、高値がつきやすいと言えます。
歴史があるだけに、優良な中古車販売業者さんが多いことから信頼についても◎

カービュー(car view)

一括査定サイトの中では、買取実績No.1で、登録業者さんの数においても最大と言える、老舗サイトです。
また、地方で展開しているような中小規模の実績店が多く、年式は古いけど少しでも高くしたい!という方にもおすすめできます。
こちらのサイトはソフトバンクグループの運営です。

楽天オート

楽天オートの最大の魅力は、楽天ポイントが5000ポイントつくことです。つまり、査定額が他より5000円高値と同じこと。楽天ポイントは楽天でのお買い物にそのまま利用できますので、新しくカー用品を買うときの足しにもなりますね。
他の一括査定と合わせて利用し、最終的に楽天オートの業者さんで買い取ってもらうのが理想です。
決して老舗とは言えない楽天オートですが、ポイントや一括見積りを複数利用することを考えると、絶対に押さえるべきサイトでしょう。

これまでのライフ

現在、軽自動車は日本国内の自動車市場においてまさに中心的存在と言える自動車のジャンルとして定着しています。維持費の問題や燃費の問題、ガソリン高騰など理由はさまざまですが、これらのニーズを逃してはならないと言うことで日本の各自動車メーカーはそれぞれこうした軽自動車の開発と生産に力をそそいで来た背景があります。そのなかで、初代と2代目のあいだに長い年月の亜希があったものの、今ではメーカーの中心的存在として活躍している軽自動車が、本田技研工業が発売している「ライフ」です。ライフはホンダの軽自動車の中心的存在として売り出されていますが、今のトールワゴン型のモデルとして売り出されはじめたのは2代目からであり、それまでは1971年の初代が「NIII 360」という自動車の後継車種として、シビックの大ヒットによるライン増産にともなう生産終了の1974年まであっただけでした。しかし、そのときのライフにはセダンモデルやバンモデルのほかに、「ステップバン」と呼ばれるモデルと「ピックアップ」と呼ばれるモデルがあり、今のライフとはまた一線を画した販売戦略を展開したことが大きな初代ライフの特徴でもあったというわけなのです。

 

サイトマップ

FX売買損益